漢方薬は体質改善により手汗を止める効果がある

多汗症(手汗多汗症含)の治療方法には、市販薬や処方薬を使った塗り薬での治療と外科的な手術での治療の他に、漢方薬を使った治療というものがあります。

漢方薬での治療は直接的に多汗症を完治させるのもではありません。本来人間が持っている自然治癒力を引き出すことを目的としているのが漢方薬なので、即効性は無く効果の表れ方には個人差が大きいのですが、副作用の心配が少なく安心して用いることが出来る治療法です。多汗症そのものに作用するというよりは、多汗症を誘発している病気や症状の自然治癒を目的に多汗症を和らげる役割です。

多汗症治療に使われる漢方を紹介

多汗症に有効な漢方薬にはいくつかのものがあります。

柴胡桂枝乾姜湯は身体が温かくなり大量の汗が出たり、ホルモンバランスの乱れから貧血を起こしたり、心臓がどきどきすることを穏やかに抑える効果があります。更年期障害からくる多汗の治療に使用されているものです。

柴胡加竜骨牡蛎湯はあがり症などの緊張による多汗に効果のある漢方薬で、神経的に張り詰めた状態を緩和する役割を持ち精神の安定に役立つものです。比較的に体力がある方で胃腸の丈夫な方に向いている漢方薬です。

黄連解毒湯は血圧が高く身体がのぼせやすい人、体力が高く暑がりな方の多汗抑制に向いている漢方薬です。ただ吐き気などの副作用を感じる場合や発疹が出るなどの副作用が考えられます。

十全大補湯は多汗症に効果のある薬というわけではなく、多汗症を引き起こしている病状の回復作用に効果のある漢方薬です。

八味地黄丸は身体の調子を整える為に用いる漢方薬です。体を健康な状態にしながら汗を抑える効果があるとされています。

漢方薬は、多汗症にはこれなら絶対に効果がありますというようなものはなく、体質改善によって多汗症の症状を緩和していくために使用するものです。素人判断ではどの漢方が手汗に効くのか判断するのは難しいので、専門医による処方で服用することがお勧めです。

手汗 止める

続いて、その他多汗症対策のまとめも紹介します。

多汗症への対策方法まとめ

多汗症という病気は多くの人が苦しんでいる病気で、ストレスから先天的な遺伝子の異常など様々な物がその要因と考えられていますがその確固たる原因という物は未だ特定されていないというのが現状です。
症例も全身から多くの汗が出てしまう全身性多汗症と手や脇など特定の箇所でだけ汗を異常にかいてしまう局所性多汗症に分けられます。

多汗症の治療には様々な方法がありますが、簡単な物では制汗剤を使った汗のにおいの抑制から手術をすることで根本的な根治を目指すという大掛かりな手法まで様々な方法が存在しています。ここでは多汗症に悩む人のため治療の参考にそれぞれの方法のメリット及びデメリットを比較、紹介していきます。

制汗剤で汗を抑制

一番手軽かつ費用がかからない方法というとやはり制汗剤を使用して汗のにおいを抑えるという方法で、やはり自分が気にしている汗のにおいがしないということは日常生活を送るにあたっては非常に精神的に楽です。
デメリットとしては何を差し置いてもやはり根治させるということについては全く効果がないことで、結局のところ費用としては安価ですがどこまでいってもその場しのぎの対症療法にしか過ぎず根治を望む場合は他の手段を模索しなければいけないという点です。

精神鍛錬で精神性発汗をよく背

次に紹介するのは精神鍛錬というもので、これは自身の多汗症の原因がストレスに起因すると思われるような場合には特に効果があります。

具体的には自分が不安を感じている要因を少しずつ除去していったり、暗示によって汗が出ないと思い込むといった方法をとります。

多汗症の場合やはり「汗」という物が大きな要因ですので、前述した制汗剤を使用して汗の臭いを抑えれば不安要因の一つは減りますし、制汗剤を付けていれば大丈夫だと精神的に言い聞かせることによって自身に暗示をかけ、それにより汗が出ないようにするといった風に行います。

この方法の長所は自身の心持の問題ですので、場合によっては全くの出費なしに多汗症を感知させることが可能であると言う点があります。逆に短所として挙げられるのは同じく心の問題という点で、それぞれの性格や精神状態によって効果が大きく左右され、場合によっては全く効果を見せないという問題があります。

最終手段として手術がある

最後に紹介するのは病院へと赴き手術を受けるという方法です。この方法は費用が当然これまで紹介した中で一番高価になってしまいますが

専門医に診察し手術してもらうという点からも確実に治療の効果を期待することができます。

手術には様々な方法がありますが一番手軽なのはボトックス注射です。
これは患部にボツリヌストキシン物を直接注射する方法で、メスなどを身体に入れなくても良いのですが逆に効果は長くても1年しか持続しません。

一番効果があると見られているのは、ETSという手術法でこの方法は簡単に言うと汗を出す指令を出している神経を取り払ってしまうという手術で、この方法を行えばそもそも汗を出せという信号も患部に送られてこなくなるので汗が全くでなくなります。欠点としては、代償性発汗という頭部などこれまで問題なかった部分から患部から汗が発汗しなくなった分汗が出始めるという症状があり、この症状は非常に個人差が多く手術が終わるまでどのような症状が出るか予想不能なのです。

このように様々な対策方法がありますが、どれも一長一短ですので自分にあった対策法を見つけ無理をせず多汗症と向き合っていくことが大切です。